読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがるーさんの日記

最近自分が興味をもったものを調べた時の手順等を書いています。今は Spring Boot をいじっています。

共有ライブラリを管理するために Sonatype の Nexus Repository Manager OSS を使用する ( その4 )( IntelliJ IDEA の Project Defaults を設定する )

概要

共有ライブラリを管理するために Sonatype の Nexus Repository Manager OSS を使用する ( その3 )( Nexus Repository Manager OSS の画面を一通り見てみる ) の続きです。

  • これからライブラリや動作確認用の Web アプリケーションをいろいろ作成しますので、その前に IntelliJ IDEA の Project Defaults を設定しておきます。

参照したサイト・書籍

目次

  1. Settings を設定する
    1. 「Editor」->「File Encodings」から「Default encoding for properties files」の文字コードを UTF-8 に変更する
    2. 「Enable annotation processing」をチェックする
    3. 「Gradle VM options」に -Dfile.encoding=UTF-8 を設定する
  2. Project Structure を設定する
    1. 「Project SDK」と「Project language level」を設定する
  3. Run Configurations を設定する
    1. JUnit の「VM options」に -Dfile.encoding=UTF-8 を設定する

手順

Settings を設定する

IntelliJ IDEA の「Welcome to IntelliJ IDEA」ダイアログを表示したら、画面右下にある「Configure」メニューをクリックした後、「Project Defaults」->「Settings」を選択します。

f:id:ksby:20160705011553p:plain

f:id:ksby:20160705011345p:plain

「Default Settings」ダイアログを表示します。

f:id:ksby:20160706011522p:plain

「Editor」->「File Encodings」から「Default encoding for properties files」の文字コードUTF-8 に変更する

画面左のツリーから「Editor」->「File Encodings」を選択した後、画面右下の「Default encoding for properties files」を UTF-8 に変更します。

f:id:ksby:20160706011915p:plain

「Enable annotation processing」をチェックする

画面左上の検索フィールドに Annotation を入力した後、画面右上の「Enable annotation processing」をチェックします。

f:id:ksby:20160706012601p:plain

「Gradle VM options」に -Dfile.encoding=UTF-8 を設定する

画面左上の検索フィールドに gradle を入力してから「Build, Execution, Deployment」->「Build Tools」->「Gradle」を選択した後、画面右の「Gradle VM options」に -Dfile.encoding=UTF-8 を設定します。

f:id:ksby:20160706013236p:plain

「OK」ボタンをクリックして「Default Settings」ダイアログを閉じます。

Project Structure を設定する

画面右下にある「Configure」メニューをクリックした後、「Project Defaults」->「Settings」を選択します。

f:id:ksby:20160706013631p:plain

「Default Project Structure」ダイアログを表示します。

f:id:ksby:20160706013908p:plain

「Project SDK」と「Project language level」を設定する

画面左のツリーから「Project Settings」->「Project」を選択した後、「Project SDK」のドロップダウンメニューから 1.8.0_92 を選択します。

f:id:ksby:20160706014510p:plain

1.8.0_92 を選択すると、その下の「Project language level」も SDK Default (8 - Lambdas, type annotations etc.) が選択された状態になります。

f:id:ksby:20160706014848p:plain

「OK」ボタンをクリックして「Default Project Structure」ダイアログを閉じます。

Run Configurations を設定する

画面右下にある「Configure」メニューをクリックした後、「Project Defaults」->「Run Configurations」を選択します。

f:id:ksby:20160706015742p:plain

「Run/Debug Configurations」ダイアログを表示します。

f:id:ksby:20160706020042p:plain

JUnit の「VM options」に -Dfile.encoding=UTF-8 を設定する

画面左のツリーから「Defaults」->「JUnit」を選択した後、画面右側の「VM Options」の "-ea" の後に -Dfile.encoding=UTF-8 を追加します。

f:id:ksby:20160706023700p:plain

「OK」ボタンをクリックして「Run/Debug Configurations」ダイアログを閉じます。

以上で完了です。

ソースコード

履歴

2016/07/06
初版発行。