読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがるーさんの日記

最近自分が興味をもったものを調べた時の手順等を書いています。今は Spring Boot をいじっています。

共有ライブラリを管理するために Sonatype の Nexus Repository Manager OSS を使用する ( その22 )( Spring Framework に依存するライブラリを作成する5 )

概要

共有ライブラリを管理するために Sonatype の Nexus Repository Manager OSS を使用する ( その21 )( Spring Framework に依存するライブラリを作成する4 ) の続きです。

  • 今回の手順で確認できるのは以下の内容です。
    • 1.4 系のプロジェクトに 1.3.8 ベースの ksbysample-library-depend-spring ライブラリを導入すると Spring Boot はどのバージョンが使用されるのか確認します。

参照したサイト・書籍

目次

  1. 1.4 系のプロジェクト ksbysample-webapp-demo14 を作成する
  2. ksbysample-library-depend-spring ライブラリ導入時のログが出ることを確認する
  3. gradlew dependencies コマンドで依存関係を確認する

手順

1.4 系のプロジェクト ksbysample-webapp-demo14 を作成する

今回は IntelliJ IDEA から Spring Initializr を利用してプロジェクトを作成した後、build.gradle に Spring IO Platform の bom 等を追加します。

  1. IntelliJ IDEA の「Welcome to IntelliJ IDEA」ダイアログから「Create New Project」メニューをクリックします。

    f:id:ksby:20161228103401p:plain

  2. 「New Project」ダイアログが表示されます。画面左側の一覧から「Spring Initializr」を選択してから以下の画像の内容を入力後、「Next」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161228103742p:plain

  3. Group、Artifact 等を入力する画面が表示されます。以下の画像の内容を入力後、「Next」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161228104112p:plain

  4. Spring のプロダクトを選択する画面が表示されます。以下の画像のプロダクトをチェックした後、「Next」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161228104443p:plain f:id:ksby:20161228104719p:plain

  5. Project name と Project location を入力する画面が表示されます。以下の画像の内容になっていることを確認した後、「Finish」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161228104934p:plain

  6. 「Import Module from Gradle」ダイアログが表示されます。「Create directories for empty roots automatically」をチェックした後、「OK」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161228105525p:plain

  7. IntelliJ IDEA の 2016.3 ではプロジェクト作成直後に画面右側に「Gradle」アイコン&文字が表示されないので、一旦 IntelliJ IDEA を再起動します。

  8. build.gradle を リンク先の内容 に変更します。変更後、Gradle projects View の左上にある「Refresh all Gradle projects」ボタンをクリックして反映します。

  9. src/main/java/ksbysample/webapp/demo14 の下に TestController.java を作成し、リンク先の内容 を記述します。

ksbysample-library-depend-spring ライブラリ導入時のログが出ることを確認する

  1. Gradle projects View から bootRun タスクを実行し、Tomcat を起動します。

  2. ブラウザを起動し http://localhost:8080/test にアクセスすると、request, response のログが出力されることが確認できました。1.4 系のプロジェクトでも動作しますね。

    f:id:ksby:20161228115414p:plain

gradlew dependencies コマンドで依存関係を確認する

コマンドプロンプトを起動しカレントディレクトリを c:\project-springboot\ksbysample-nexus-repomng\ksbysample-webapp-demo14 へ移動した後、gradlew dependencies コマンドを実行してみます。

今回は org.springframework.boot:spring-boot-starter-web:1.3.8.RELEASE -> 1.4.2.RELEASE (*) と出力されており、1.4.2 が使用されていました。ライブラリ側のバージョンではなく、メインプロジェクト側のバージョンが使用されるようです。

compile - Dependencies for source set 'main'.
+--- org.springframework.boot:spring-boot-starter-web: -> 1.4.2.RELEASE
|    +--- org.springframework.boot:spring-boot-starter:1.4.2.RELEASE
|    |    +--- org.springframework.boot:spring-boot:1.4.2.RELEASE
|    |    |    +--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|    |    |    \--- org.springframework:spring-context:4.3.4.RELEASE
|    |    |         +--- org.springframework:spring-aop:4.3.4.RELEASE
|    |    |         |    +--- org.springframework:spring-beans:4.3.4.RELEASE
|    |    |         |    |    \--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|    |    |         |    \--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|    |    |         +--- org.springframework:spring-beans:4.3.4.RELEASE (*)
|    |    |         +--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|    |    |         \--- org.springframework:spring-expression:4.3.4.RELEASE
|    |    |              \--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|    |    +--- org.springframework.boot:spring-boot-autoconfigure:1.4.2.RELEASE
|    |    |    \--- org.springframework.boot:spring-boot:1.4.2.RELEASE (*)
|    |    +--- org.springframework.boot:spring-boot-starter-logging:1.4.2.RELEASE
|    |    |    +--- ch.qos.logback:logback-classic:1.1.7
|    |    |    |    +--- ch.qos.logback:logback-core:1.1.7
|    |    |    |    \--- org.slf4j:slf4j-api:1.7.20 -> 1.7.21
|    |    |    +--- org.slf4j:jcl-over-slf4j:1.7.21
|    |    |    |    \--- org.slf4j:slf4j-api:1.7.21
|    |    |    +--- org.slf4j:jul-to-slf4j:1.7.21
|    |    |    |    \--- org.slf4j:slf4j-api:1.7.21
|    |    |    \--- org.slf4j:log4j-over-slf4j:1.7.21
|    |    |         \--- org.slf4j:slf4j-api:1.7.21
|    |    +--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|    |    \--- org.yaml:snakeyaml:1.17
|    +--- org.springframework.boot:spring-boot-starter-tomcat:1.4.2.RELEASE
|    |    +--- org.apache.tomcat.embed:tomcat-embed-core:8.5.6
|    |    +--- org.apache.tomcat.embed:tomcat-embed-el:8.5.6
|    |    \--- org.apache.tomcat.embed:tomcat-embed-websocket:8.5.6
|    |         \--- org.apache.tomcat.embed:tomcat-embed-core:8.5.6
|    +--- org.hibernate:hibernate-validator:5.2.4.Final
|    |    +--- javax.validation:validation-api:1.1.0.Final
|    |    +--- org.jboss.logging:jboss-logging:3.2.1.Final -> 3.3.0.Final
|    |    \--- com.fasterxml:classmate:1.1.0 -> 1.3.3
|    +--- com.fasterxml.jackson.core:jackson-databind:2.8.4
|    |    +--- com.fasterxml.jackson.core:jackson-annotations:2.8.0 -> 2.8.4
|    |    \--- com.fasterxml.jackson.core:jackson-core:2.8.4
|    +--- org.springframework:spring-web:4.3.4.RELEASE
|    |    +--- org.springframework:spring-aop:4.3.4.RELEASE (*)
|    |    +--- org.springframework:spring-beans:4.3.4.RELEASE (*)
|    |    +--- org.springframework:spring-context:4.3.4.RELEASE (*)
|    |    \--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|    \--- org.springframework:spring-webmvc:4.3.4.RELEASE
|         +--- org.springframework:spring-aop:4.3.4.RELEASE (*)
|         +--- org.springframework:spring-beans:4.3.4.RELEASE (*)
|         +--- org.springframework:spring-context:4.3.4.RELEASE (*)
|         +--- org.springframework:spring-core:4.3.4.RELEASE
|         +--- org.springframework:spring-expression:4.3.4.RELEASE (*)
|         \--- org.springframework:spring-web:4.3.4.RELEASE (*)
\--- ksbysample.library:ksbysample-library-depend-spring:1.0.0-RELEASE
     +--- org.springframework.boot:spring-boot-autoconfigure:1.3.8.RELEASE -> 1.4.2.RELEASE (*)
     +--- org.springframework.boot:spring-boot-starter-web:1.3.8.RELEASE -> 1.4.2.RELEASE (*)
     +--- org.aspectj:aspectjweaver:1.8.9
     +--- org.apache.commons:commons-lang3:3.5 -> 3.4
     \--- com.google.guava:guava:20.0 -> 17.0

ソースコード

ksbysample-webapp-demo14/build.gradle

buildscript {
    ext {
        springBootVersion = '1.4.2.RELEASE'
    }
    repositories {
        mavenCentral()
        maven { url "http://repo.spring.io/repo/" }
    }
    dependencies {
        classpath("org.springframework.boot:spring-boot-gradle-plugin:${springBootVersion}")
        classpath("io.spring.gradle:dependency-management-plugin:0.6.1.RELEASE")
    }
}

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse'
apply plugin: 'org.springframework.boot'
apply plugin: 'io.spring.dependency-management'

jar {
    baseName = 'ksbysample-webapp-demo14'
    version = '0.0.1-SNAPSHOT'
}
sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

repositories {
    maven { url "http://localhost:8081/repository/maven-public" }
}

dependencyManagement {
    imports {
        mavenBom 'io.spring.platform:platform-bom:Athens-SR1'
    }
}

dependencies {
    compile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-web')
    runtime('org.springframework.boot:spring-boot-devtools')
    testCompile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test')

    compile('ksbysample.library:ksbysample-library-depend-spring:1.0.0-RELEASE')
}
  • buildscript の以下の点を変更します。
    • Spring Boot は 1.4.3 がリリースされていますが Spring IO Platform の最新版で対応しているのは 1.4.2 なので、springBootVersion の値を 1.4.3.RELEASE1.4.2.RELEASE に変更します。
    • repositories に maven { url "http://repo.spring.io/repo/" } を追加します。
    • dependencies に classpath("io.spring.gradle:dependency-management-plugin:0.6.1.RELEASE") を追加します。
  • apply plugin: 'io.spring.dependency-management' を追加します。あと以前は apply plugin: 'spring-boot' でしたが apply plugin: 'org.springframework.boot' に変わっていますね。
  • repositories 内に書くレポジトリを mavenCentral()maven { url "http://localhost:8081/repository/maven-public" } へ変更します。
  • dependencyManagement { imports { mavenBom 'io.spring.platform:platform-bom:Athens-SR1' } } を追加します。
  • dependencies に compile('ksbysample.library:ksbysample-library-depend-spring:1.0.0-RELEASE') を追加します。

TestController.java

package ksbysample.webapp.demo14;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.ResponseBody;

@Controller
@RequestMapping("/test")
public class TestController {

    @RequestMapping
    @ResponseBody
    public String index() {
        return "test";
    }

}

履歴

2016/12/28
初版発行。