かんがるーさんの日記

最近自分が興味をもったものを調べた時の手順等を書いています。今は Spring Boot をいじっています。

Spring Boot + npm + Geb で入力フォームを作ってテストする ( その28 )( Spring Boot を 1.5.4 → 1.5.7 へ、error-prone を 2.0.15 → 2.1.1 へバージョンアップする )

概要

記事一覧はこちらです。

Spring Boot + npm + Geb で入力フォームを作ってテストする ( その27 )( 入力画面2を作成する6 ) の続きです。

  • 今回の手順で確認できるのは以下の内容です。
    • Spring Boot のバージョンを 1.5.4 → 1.5.7 へバージョンアップします。
    • 他にもバージョンアップしているライブラリを更新します。
    • 今回はこれまでエラーが出てバージョンアップできなかった error-prone もバージョンアップします。やっと lombok を使用している環境で error-prone の最新バージョンを使う方法が理解できました。

参照したサイト・書籍

目次

  1. Spring Boot を 1.5.4 → 1.5.7 へバージョンアップする(他のライブラリもバージョンアップする)
  2. error-prone を 2.0.15 → 2.1.1 へバージョンアップする

手順

Spring Boot を 1.5.4 → 1.5.7 へバージョンアップする(他のライブラリもバージョンアップする)

build.gradle の以下の点を変更します。

group 'ksbysample'
version '1.0.0-RELEASE'

buildscript {
    ext {
        springBootVersion = '1.5.7.RELEASE'
    }
    repositories {
        mavenCentral()
        maven { url "https://plugins.gradle.org/m2/" }
    }
    dependencies {
        classpath("org.springframework.boot:spring-boot-gradle-plugin:${springBootVersion}")
        // for Error Prone ( http://errorprone.info/ )
        classpath("net.ltgt.gradle:gradle-errorprone-plugin:0.0.10")
    }
}

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse'
apply plugin: 'idea'
apply plugin: 'org.springframework.boot'
apply plugin: 'groovy'
apply plugin: 'net.ltgt.errorprone'
apply plugin: 'checkstyle'
apply plugin: 'findbugs'
apply plugin: 'pmd'

sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

task wrapper(type: Wrapper) {
    gradleVersion = '3.5'
}

[compileJava, compileTestGroovy, compileTestJava]*.options*.compilerArgs = ['-Xlint:all,-options,-processing,-path']
compileJava.options.compilerArgs += ['-Xep:RemoveUnusedImports:WARN']

// for Doma 2
// JavaクラスとSQLファイルの出力先ディレクトリを同じにする
processResources.destinationDir = compileJava.destinationDir
// コンパイルより前にSQLファイルを出力先ディレクトリにコピーするために依存関係を逆転する
compileJava.dependsOn processResources

idea {
    module {
        inheritOutputDirs = false
        outputDir = file("$buildDir/classes/main/")
    }
}

configurations {
    // for Doma 2
    domaGenRuntime
}

checkstyle {
    configFile = file("${rootProject.projectDir}/config/checkstyle/google_checks.xml")
    toolVersion = '8.3'
    sourceSets = [project.sourceSets.main]
}

findbugs {
    toolVersion = '3.0.1'
    sourceSets = [project.sourceSets.main]
    ignoreFailures = true
    effort = "max"
    excludeFilter = file("${rootProject.projectDir}/config/findbugs/findbugs-exclude.xml")
}

tasks.withType(FindBugs) {
    // Gradle 3.3以降 + FindBugs Gradle Plugin を組み合わせると、"The following errors occurred during analysis:"
    // の後に "Cannot open codebase filesystem:..." というメッセージが大量に出力されるので、以下の doFirst { ... }
    // のコードを入れることで出力されないようにする
    doFirst {
        def fc = classes
        if (fc == null) {
            return
        }
        fc.exclude '**/*.properties'
        fc.exclude '**/*.sql'
        fc.exclude '**/*.xml'
        fc.exclude '**/META-INF/**'
        fc.exclude '**/static/**'
        fc.exclude '**/templates/**'
        classes = files(fc.files)
    }
    reports {
        xml.enabled = false
        html.enabled = true
    }
}

pmd {
    toolVersion = "5.8.1"
    sourceSets = [project.sourceSets.main]
    ignoreFailures = true
    consoleOutput = true
    ruleSetFiles = rootProject.files("/config/pmd/pmd-project-rulesets.xml")
    ruleSets = []
}

repositories {
    mavenCentral()
}

dependencyManagement {
    imports {
        // BOM は https://repo.spring.io/release/io/spring/platform/platform-bom/Brussels-SR5/
        // の下を見ること
        mavenBom("io.spring.platform:platform-bom:Brussels-SR5") {
            bomProperty 'guava.version', '22.0'
            bomProperty 'thymeleaf.version', '3.0.8.RELEASE'
            bomProperty 'thymeleaf-extras-springsecurity4.version', '3.0.2.RELEASE'
            bomProperty 'thymeleaf-layout-dialect.version', '2.2.2'
            bomProperty 'thymeleaf-extras-data-attribute.version', '2.0.1'
            bomProperty 'thymeleaf-extras-java8time.version', '3.0.1.RELEASE'
        }
    }
}

bootRepackage {
    mainClass = 'ksbysample.webapp.lending.Application'
}

dependencies {
    def spockVersion = "1.1-groovy-2.4"
    def domaVersion = "2.16.1"
    def lombokVersion = "1.16.18"
    def errorproneVersion = "2.0.15"
    def powermockVersion = "1.7.3"

    // dependency-management-plugin によりバージョン番号が自動で設定されるもの
    // Appendix A. Dependency versions ( http://docs.spring.io/platform/docs/current/reference/htmlsingle/#appendix-dependency-versions ) 参照
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-web")
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-thymeleaf") {
        exclude group: "org.codehaus.groovy", module: "groovy"
    }
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-data-jpa")
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-freemarker")
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-mail")
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-security")
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-devtools")
    compile("org.springframework.session:spring-session")
    compile("com.google.guava:guava")
    compile("org.apache.commons:commons-lang3")
    compile("org.codehaus.janino:janino")
    testCompile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-test")
    testCompile("org.springframework.security:spring-security-test")
    testCompile("org.yaml:snakeyaml")
    testCompile("org.mockito:mockito-core")

    // dependency-management-plugin によりバージョン番号が自動で設定されないもの、あるいは最新バージョンを指定したいもの
    compile("com.integralblue:log4jdbc-spring-boot-starter:1.0.2")
    compile("org.flywaydb:flyway-core:4.2.0")
    compile("com.h2database:h2:1.4.192")
    compile("com.github.rozidan:modelmapper-spring-boot-starter:1.0.0")
    testCompile("org.dbunit:dbunit:2.5.4")
    testCompile("com.icegreen:greenmail:1.5.5")
    testCompile("org.assertj:assertj-core:3.8.0")
    testCompile("org.spockframework:spock-core:${spockVersion}")
    testCompile("org.spockframework:spock-spring:${spockVersion}")
    testCompile("com.google.code.findbugs:jsr305:3.0.2")
    testCompile("org.jsoup:jsoup:1.10.3")

    // for lombok
    compileOnly("org.projectlombok:lombok:${lombokVersion}")
    testCompileOnly("org.projectlombok:lombok:${lombokVersion}")

    // for Doma
    compile("org.seasar.doma:doma:${domaVersion}")
    domaGenRuntime("org.seasar.doma:doma-gen:${domaVersion}")
    domaGenRuntime("com.h2database:h2:1.4.192")

    // for Error Prone ( http://errorprone.info/ )
    errorprone("com.google.errorprone:error_prone_core:${errorproneVersion}")
    compileOnly("com.google.errorprone:error_prone_annotations:${errorproneVersion}")

    // PowerMock
    testCompile("org.powermock:powermock-module-junit4:${powermockVersion}")
    testCompile("org.powermock:powermock-api-mockito:${powermockVersion}")
}
  • version '1.5.4-RELEASE'version '1.0.0-RELEASE' に変更します。ここは Webアプリケーションのバージョンとして 1.0.0 と書くべきところを、Spring Boot のバージョンである 1.5.4 を書いてしまったという勘違いでした。
  • buildscript の以下の点を変更します。
    • springBootVersion = '1.5.4.RELEASE'springBootVersion = '1.5.4.RELEASE' に変更します。
  • checkstyle の以下の点を変更します。
    • toolVersion = '8.0'toolVersion = '8.3' に変更します。
  • dependencyManagement の以下の点を変更します。
    • mavenBom("io.spring.platform:platform-bom:Brussels-SR3")mavenBom("io.spring.platform:platform-bom:Brussels-SR5") に変更します。
    • bomProperty 'thymeleaf.version', '3.0.7.RELEASE'bomProperty 'thymeleaf.version', '3.0.8.RELEASE' に変更します。
    • bomProperty 'thymeleaf-extras-java8time.version', '3.0.0.RELEASE'bomProperty 'thymeleaf-extras-java8time.version', '3.0.1.RELEASE' に変更します。
  • dependencies の以下の点を変更します。
    • def powermockVersion = "1.7.0"def powermockVersion = "1.7.3" に変更します。
    • compile("com.integralblue:log4jdbc-spring-boot-starter:1.0.1")compile("com.integralblue:log4jdbc-spring-boot-starter:1.0.2") に変更します。
    • testCompile("org.dbunit:dbunit:2.5.3")testCompile("org.dbunit:dbunit:2.5.4") に変更します。

変更後、Gradle Tool Window の左上にある「Refresh all Gradle projects」ボタンをクリックして更新します。

clean タスク実行 → Rebuild Project 実行 → build タスクを実行してみますが、checkstyleProperty 'maxLineLength' in module LeftCurly does not exist, please check the documentation というエラーが出ました。

f:id:ksby:20171017010855p:plain

checkstyle のホームページ を見ると、確かに LeftCurly には maxLineLength は存在しませんでした。1行あたりの文字数のチェックは LineLength で行うようです(google_checks.xml にも定義が書いてありました)。

config/checkstyle/google_checks.xml の以下の点を変更します。

        <module name="NeedBraces"/>
        <module name="LeftCurly"/>
        <module name="RightCurly">
  • LeftCurly から <property name="maxLineLength" value="100"/> を削除し、<module name="LeftCurly"/> に変更します。

再度 clean タスク実行 → Rebuild Project 実行 → build タスクを実行すると "BUILD SUCCESSFUL" のメッセージが出力されました。

f:id:ksby:20171017012140p:plain

Project Tool Window で src/test を選択した後、コンテキストメニューを表示して「Run 'All Tests' with Coverage」を選択し、テストが全て成功することも確認できました。

f:id:ksby:20171017012928p:plain

error-prone を 2.0.15 → 2.1.1 へバージョンアップする

gradle-errorprone-plugin を見ると最新バージョンは 0.0.13、mvnrepository.com の error_prone_core のページ を見ると最新バージョンは 2.1.1 でした。

build.gradle の以下の点を変更します。

buildscript {
    ext {
        springBootVersion = '1.5.7.RELEASE'
    }
    repositories {
        mavenCentral()
        maven { url "https://plugins.gradle.org/m2/" }
    }
    dependencies {
        classpath("org.springframework.boot:spring-boot-gradle-plugin:${springBootVersion}")
        // for Error Prone ( http://errorprone.info/ )
        classpath("net.ltgt.gradle:gradle-errorprone-plugin:0.0.13")
    }
}

..........

dependencies {
    def spockVersion = "1.1-groovy-2.4"
    def domaVersion = "2.16.1"
    def lombokVersion = "1.16.18"
    def errorproneVersion = "2.1.1"
    def powermockVersion = "1.7.3"

    ..........

    // for Error Prone ( http://errorprone.info/ )
    errorprone("com.google.errorprone:error_prone_core:${errorproneVersion}")
    compileOnly("com.google.errorprone:error_prone_annotations:${errorproneVersion}")

    ..........
}
  • buildscript 内で classpath("net.ltgt.gradle:gradle-errorprone-plugin:0.0.10")classpath("net.ltgt.gradle:gradle-errorprone-plugin:0.0.13") に変更します。
  • dependencies 内で def errorproneVersion = "2.0.15"def errorproneVersion = "2.1.1" に変更します。

変更後、Gradle Tool Window の左上にある「Refresh all Gradle projects」ボタンをクリックして更新します。

clean タスク実行 → Rebuild Project 実行 → build タスクを実行すると前とは違いますが、相変わらずエラーが出てコンパイルが通りません。An unhandled exception was thrown by the Error Prone static analysis plugin. というメッセージが出て @Data アノテーションで引っかかっているようです。

f:id:ksby:20171018014059p:plain

もう少しエラーが発生している詳細な原因が知りたいので、コマンドプロンプトから gradlew --stacktrace build コマンドを実行してみます。

f:id:ksby:20171018014639p:plain

結果として上の画像のメッセージが出力されますが、ここで注目するのは com.google.errorprone.bugpatterns のどのクラスで引っかかっているのか、です。今回は NestedInstanceOfConditions で引っかかっています。

NestedInstanceOfConditionsGoogle で検索すると error-prone の Issue で Lombok breaks NestedInstanceOfConditions and InstanceOfAndCastMatchWrongType がヒットします。この中で -Xep:NestedInstanceOfConditions:OFF オプションを追加して無効にするよう記述がありました。

build.gradle を修正し、-Xep:NestedInstanceOfConditions:OFF オプションを追加します。

[compileJava, compileTestGroovy, compileTestJava]*.options*.compilerArgs = ['-Xlint:all,-options,-processing,-path']
compileJava.options.compilerArgs += [
        '-Xep:RemoveUnusedImports:WARN'
        , '-Xep:NestedInstanceOfConditions:OFF'
]

再び clean タスク実行 → Rebuild Project 実行 → build タスクを実行しますが、やっぱりさっきと同じエラーが出ます。

gradlew --stacktrace build コマンドを実行すると今度は InstanceOfAndCastMatchWrongType で引っかかっています。

f:id:ksby:20171018015631p:plain

build.gradle を修正して , '-Xep:InstanceOfAndCastMatchWrongType:OFF' を追加します。

[compileJava, compileTestGroovy, compileTestJava]*.options*.compilerArgs = ['-Xlint:all,-options,-processing,-path']
compileJava.options.compilerArgs += [
        '-Xep:RemoveUnusedImports:WARN'
        , '-Xep:NestedInstanceOfConditions:OFF'
        , '-Xep:InstanceOfAndCastMatchWrongType:OFF'
]

再び clean タスク実行 → Rebuild Project 実行 → build タスクを実行すると、今度は "BUILD SUCCESSFUL" が出力されました。

f:id:ksby:20171018020245p:plain

Project Tool Window で src/test を選択した後、コンテキストメニューを表示して「Run 'All Tests' with Coverage」を選択し、テストが全て成功することも確認しておきます。

f:id:ksby:20171018020618p:plain

履歴

2017/10/18
初版発行。