読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがるーさんの日記

最近自分が興味をもったものを調べた時の手順等を書いています。今は Spring Boot をいじっています。

作成した ksbysample-simple Project を GitHub へアップロードする

概要

  • 作成した ksbysample-simple Project を GitHub へアップロードします。
  • また GitHub から project を clone して、実行できるか確認します。

ソフトウェア一覧

参考にしたサイト

手順

IntelliJ IDEA の GitHub の設定

  1. メイン画面のメニューから「File」->「Settings...」を選択します。

  2. 「Settings」画面が表示されます。以下の設定をした後「OK」ボタンをクリックします。

    • Version Control
      • GitHub
        • 「Login」「Password」に自分の GitHub アカウントの Username, Password を入力します。

.gitignore の作成

  1. Project View で一番上の階層の ksbysample-simple を選択した後コンテキストメニューを表示し、「New」->「File」を選択します。「New File」ダイアログが表示されたら .gitignore と入力した後「OK」ボタンをクリックします。

  2. 作成した .gitignore をダブルクリックして開き、リンク先の内容 に変更します。

Project を GitHub へアップロードする

  1. メイン画面のメニューから「VCS」->「Import into Version Control」->「Share Project on GitHub」を選択します。

  2. 「Share Project on GitHub」ダイアログが表示されます。「Description」を記入して「Share」ボタンをクリックします。

  3. 「Add Files For Initial Commit」ダイアログが表示されます。何も変更せずに「OK」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20141229223453p:plain

  4. チェックされたファイルが GitHub へアップロードされます。成功するとメイン画面の左下に以下の画像のメッセージが表示されます。

    f:id:ksby:20141229200537p:plain

GitHub 上のレポジトリの確認、README の作成

  1. ブラウザを起動し、https://github.com/ksby にアクセスします。「Popular repositories」欄に ksbysample-simple が表示されていることを確認した後、ksbysample-simple リンクをクリックします。

    f:id:ksby:20141229201130p:plain

  2. https://github.com/ksby/ksbysample-simple へ遷移します。ページ下部に「Add a README」ボタンがあるのでクリックします。

  3. README の編集画面が表示されるので適宜編集した後、ページ下部の「Commit new file」ボタンをクリックします。

  4. 再び https://github.com/ksby/ksbysample-simple へ戻り、README.md が作成されていることが確認できます。

GitHub から clone して build, bootRun できるか確認する

  1. メイン画面のメニューから 「File」->「Close Project」を選択して、現在開いている Project をクローズします。

  2. 「Welcome to IntelliJ IDEA」画面に戻ります。画面上の「Check out from Version Control」->「GitHub」を選択します。

  3. 「Clone Repository」ダイアログが表示されます。以下の点を変更した後「Clone」ボタンをクリックします。

    • 「Git Repository URL」で "https://github.com/ksby/ksbysample-simple.git" を選択します。
    • 「Parent Directory」に "C:\project-springboot" を入力します。
    • 「Directory Name」に "ksbysample-simple-clone" を入力します。
  4. 「Checkout From Version Control」ダイアログが表示されます。「OK」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20141229203447p:plain

  5. 「Import Project from Gradle」ダイアログが表示されます。何も変更せずに「OK」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20141229203816p:plain

  6. メイン画面が表示されます。画面左側の Tool Window から「Project」をクリックして Project View を表示し、以下の画像のディレクトリ・ファイルの構成になっていることを確認します。

    f:id:ksby:20141229224042p:plain

  7. 画面右側の Tool Window から「Gradle」をクリックして Gradle tasks View を表示し、build タスクを実行します。

  8. Gradle tasks View から bootRun タスクを実行します。

  9. Tomcat が起動したらブラウザから http://localhost:8080/test へアクセスし、"これは /test のページです。Tomcat起動中に文字列を追加してみました。" のメッセージが表示されることを確認します。

  10. Ctrl+F2 を押して Tomcat を停止します。

  11. この時点の Project のディレクトリ・ファイルは以下の構成になります。

    f:id:ksby:20141229224540p:plain

  12. メイン画面のメニューから 「File」->「Close Project」を選択して Project をクローズします。

  13. C:\project-springboot\ksbysample-simple-clone ディレクトリを削除します。

ソースコード

.gitignore

# built application files
*.apk
*.ap_
 
# files for the dex VM
*.dex
 
# Java class files
*.class
 
# generated files
bin/
gen/
 
# Local configuration file (sdk path, etc)
local.properties
 
# Eclipse project files
.classpath
.project
 
# Proguard folder generated by Eclipse
proguard/
 
# Intellij project files
*.iml
*.ipr
*.iws
.idea/
 
# Gradle
.gradletasknamecache
.gradle/
build/
bin/

履歴

2014/12/29
初版発行。