読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがるーさんの日記

最近自分が興味をもったものを調べた時の手順等を書いています。今は Spring Boot をいじっています。

共有ライブラリを管理するために Sonatype の Nexus Repository Manager OSS を使用する ( その18 )( Spring Framework に依存するライブラリを作成する )

概要

共有ライブラリを管理するために Sonatype の Nexus Repository Manager OSS を使用する ( その17 )( Nexus へコンポーネントを登録する専用 User を作成する ) の続きです。

  • 今回の手順で確認できるのは以下の内容です。
    • Spring Framework に依存するライブラリを作成してみます。
    • 作成するライブラリでは Spring Boot の auto-configuration の仕組みを利用してみます。
    • 約4回で書く予定です。
      • 今回は ksbysample-library-depend-spring プロジェクトを作成するところまで。
      • 2回目は ksbysample-webapp-lending から RequestAndResponseLogger.java を持ってきて auto-configuration 関連の実装まで。
      • 3回目はテストの実装、及び Nexus への登録まで。
      • 4回目は ksbysample-webapp-demo プロジェクトに ksbysample-library-depend-spring ライブラリを導入して動作確認します。

参照したサイト・書籍

目次

  1. ライブラリの仕様を決める
  2. feature/3-issue ブランチを作成する
  3. ksbysample-library-depend-spring プロジェクトを作成する

手順

ライブラリの仕様を決める

今回は以下の仕様のライブラリを作成します。

  • Gradle プロジェクトとして作成します。
  • GroupId は ksbysample.library、ArtifactId は ksbysample-library-depend-spring にします。
  • ksbysample-webapp-lending で作成した RequestAndResponseLoggerクラス を外部ライブラリにします。ksbysample-library-depend-spring ライブラリを build.gradle の dependencies に記述するだけで、@RequestMapping で定義された URL にアクセスされた時に request, response のデータがログに出力されるようにします。

feature/3-issue ブランチを作成する

  1. GitHub に Issue 3 を作成した後、feature/3-issue ブランチを作成します。

ksbysample-library-depend-spring プロジェクトを作成する

  1. IntelliJ IDEA の「Welcome to IntelliJ IDEA」ダイアログから「Create New Project」メニューをクリックします。

    f:id:ksby:20161224210358p:plain

  2. 「New Project」ダイアログが表示されます。画面左側の一覧から「Gradle」を選択してから以下の画像の内容を入力後、「Next」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161224210525p:plain

  3. GroupId、ArtifactId を入力する画面が表示されます。以下の画像の内容を入力後、「Next」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161224211141p:plain

  4. 以下の画像の画面が表示されます。「Create directories for empty content roots automatically」をチェックした後、「Next」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161224211353p:plain

  5. Project name と Project location を入力する画面が表示されます。Project location を C:\project-springboot\ksbysample-nexus-repomng\ksbysample-library-depend-spring に変更した後、「Finish」ボタンをクリックします。

    f:id:ksby:20161224211540p:plain

  6. build.gradle を リンク先の内容 に変更します。変更後、Gradle projects View の左上にある「Refresh all Gradle projects」ボタンをクリックして反映します。

  7. 以下のディレクトリに .gitkeep ファイルを作成します。

    • src/main/groovy
    • src/main/java
    • src/main/resources
    • src/test/groovy
    • src/test/java
    • src/test/resources
  8. commit します。

ソースコード

ksbysample-library-depend-spring/build.gradle

group 'ksbysample.library'
version '1.0.0-RELEASE'

buildscript {
    ext {
        springBootVersion = '1.3.8.RELEASE'
    }
    repositories {
        jcenter()
        maven { url "http://repo.spring.io/repo/" }
    }
    dependencies {
        classpath("org.springframework.boot:spring-boot-gradle-plugin:${springBootVersion}")
        classpath("io.spring.gradle:dependency-management-plugin:0.6.1.RELEASE")
    }
}

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'idea'
apply plugin: 'spring-boot'
apply plugin: 'io.spring.dependency-management'
apply plugin: 'groovy'
apply plugin: 'maven'

sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

compileJava.options.compilerArgs = ['-Xlint:all']
compileTestGroovy.options.compilerArgs = ['-Xlint:all']
compileTestJava.options.compilerArgs = ['-Xlint:all']

repositories {
    jcenter()
}

dependencyManagement {
    imports {
        mavenBom 'io.spring.platform:platform-bom:2.0.8.RELEASE'
    }
}

dependencies {
    // dependency-management-plugin によりバージョン番号が自動で設定されるもの
    // Appendix A. Dependency versions ( http://docs.spring.io/platform/docs/current/reference/htmlsingle/#appendix-dependency-versions ) 参照
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-autoconfigure")

    // dependency-management-plugin によりバージョン番号が自動で設定されないもの、あるいは最新バージョンを指定したいもの
}

javadoc {
    options.charSet = 'UTF-8'
    options.encoding = 'UTF-8'
}

task sourcesJar(type: Jar, dependsOn: classes) {
    classifier = 'sources'
    from sourceSets.main.allSource
}

task javadocJar(type: Jar, dependsOn: javadoc) {
    classifier = 'javadoc'
    from javadoc.destinationDir
}

artifacts {
    archives sourcesJar
    archives javadocJar
}

uploadArchives {
    def nexusUrl = "http://localhost:8081"
    def nexusUsername = "admin"
    def nexusPassword = "admin123"

    repositories {
        mavenDeployer {
            repository(url: "${nexusUrl}/repository/maven-releases") {
                authentication(userName: nexusUsername, password: nexusPassword)
            }
            snapshotRepository(url: "${nexusUrl}/repository/maven-snapshots") {
                authentication(userName: nexusUsername, password: nexusPassword)
            }
            pom.withXml {
                asNode().appendNode('name', 'Spring 依存のテストライブラリ ksbysample-library-depend-spring')
                asNode().appendNode('description', 'Spring に依存する共有ライブラリである')
            }
        }
    }
}
  • Spring Boot はまだ 1.4 系を触っていないので、1.3 系の最新バージョンである 1.3.8 を使用します。
  • dependencies には現時点では org.springframework.boot:spring-boot-autoconfigure のみ定義します。
  • uploadArchives タスク内に記述する nexus にアップロードするユーザは admin を使います。

履歴

2016/12/25
初版発行。